新潟カツ丼って?

新潟カツ丼って?


開港五港のひとつ「みなとまち」新潟市は、古くから西洋料理の盛んな街。
その新潟市で長いあいだ食されてきたのが卵でとじない「タレかつ丼」です。
タレかつ丼は、揚げたての薄めのとんかつを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせただけのシンプルなもの。
日本人の大好きなタレ味と西洋料理のとんかつとが、炊きたての新潟米の上で一つになった新潟市発祥のかつ丼です。

新潟カツ丼(タレかつ丼)3つの特徴

カツレツが起源だから、かつが「薄い」
「明治の三軒」と言われた洋食店の一つが今も新潟市に存在します。
豚肉など薄いスライス肉にパン粉をつけてソテーしたカツレツ(英語で「cutlet」)は、当時の代表的な西洋料理でした。
タレかつ丼のかつが薄いのは、このカツレツを起源としているためといわれています。

その2 サクッ、それでいてジューシーな「食感」
当店で使用する肉は、「和豚もちぶた」のモモ肉やヒレ肉です。
これを丁寧に薄く叩き、細かなパン粉を塗してラードで揚げて甘辛醤油ダレにサッと潜らせると、
サクッとしながらジューシーなタレかつ丼に仕上がります。

その3 かつ以外、余計なものは一切添えない「潔さ」
タレかつ丼は、新潟米のホカホカご飯に甘辛醤油ダレで味付けされたかつが載るだけのシンプルな丼です。
卵はもちろん、千切りキャベツやきざみ海苔など余計なものが一切添えられない、潔さが最大の特徴です。